マガモの恋

2014.03.26.Wed.18:02
マガモ雄がカルガモの雌に恋をしたようです。

マガモとカルガモ 1-209
カルガモもその気のようです。
マガモとカルガモ 2-205
どんな子供が誕生するのやら???
マガモとカルガモ 3-206


続きを読む”マガモの恋”クリックで飼い猫を追加しました。
我が家の猫、ハナは膝枕でスヤスヤ。
体重は5.5㎏、脚がしびれるよ・・・
ハナ 自宅-020
ダウンベストも大好き、横取りされてしまいました。
ハナ 自宅-004
スポンサーサイト
コメント
まるがも
両種の雑種は、俗にマルガモと呼ばれ、画像検索すれば、たくさん出て来ます(間違いも多いですが)。30年以上前から知られていて、1983年発行の図鑑(高野伸二 日本の野鳥 小学館)にも載っています。片親は、野生のマガモよりも、放し飼いや逃げたアヒルやアイガモが多いようです。
アヒルは、マガモを原種として、人が肉用にデブに作り上げた物ですので、マガモやカルガモより大きいのが普通です。また、アイガモくらい原種に近い品種は、野外で世代を重ねると、飛翔力もつき、外見もマガモと区別できないそうです。
野生のマガモは(並ばないと分からない程度ですが)、カルガモより少し小さいです。写真の「マガモ」も、カルガモと同大に見えますので、アヒル系かも知れません。
参考文献
高野伸二, 1983. 日本の野鳥 (自然観察シリーズ (7)). 小学館.
桑原和之, 2007. カルガモが絶滅する!?~交雑が引き起こす悲劇. Birder 21(11):42-44.
中村一恵, 1988. アイガモ(マガモ)野生化の波紋. 神奈川県立博物館(編). 日本の帰化動物. pp.66-67. 神奈川県文化財協会, 横浜.
野津征亨様、ようこそ。
コメント有難う御座います。

このマガモはカルガモに四六時中、寄り添い
カルガモの雄が近づくと攻撃していました。
本気のようでした。

ハナは我が家の癒しです。
初めまして。
こんにちは。
いつも楽しく拝見させていただいております。

種族違いの恋、果たして実るのでしょうか。
ハイブリッドの仔が見たいです。

膝の上でくつろぐハナちゃんも可愛いです。
たつやさん、こんばんは。
アヒルとマガモの子供はアイガモと言うそうで、
水田の除草に活躍しているようです。
ヘラサギが居た所では成長したアイガモが住み着いています。
ハイブリットを見てみたいものですね。
No title
こんばんは。
一体どのようなハイブリッドが生まれるのですかね…。気になるところです!

管理者にだけ表示を許可する